★追加公演決定★ ひとり芝居『星の王子さま』4/29(月・祝)15時~ 

追加公演 日時:4/29(月・祝)15時~

■演目
『星の王子さま』
原作:サン=テグジュペリ
構成・翻訳・演出:斉木和洋
出演:中川佐織

■料金
応援チケット:4000円
通常チケット:3000円
格安チケット:1500円
当日チケット:3500円
※格安チケットは事前予約が必要です(数量限定)。
格安チケットのお客様は、
少々見づらいお席や桟敷席へのご案内になります。
何卒ご了承ください。
※受付・開場は開演の30分前です。

■会場
半畳の宇宙 アトリエ
東京都大田区池上4-27-11
(池上駅から徒歩5分)

■問い合わせ・チケット予約
info@hanjo-uchu.com
※3日以内に返信がない場合はお問い合わせください。

次回公演『駈込み訴え』『よだかの星』12月21日 (木) ~ 22日 (金)

『駈込み訴え』(原作:太宰治)と『よだかの星』(原作:宮沢賢治)。
1回のステージで2本の一人芝居をご覧いただけます。
各回限定20席ですので、お早めにご予約ください。

『駈込み訴え』
太宰治が一気呵成に口述筆記で書き上げたという本作品を
俳優が踊りながら演じます。
俳優の身体の中で、太宰の言葉が踊ります!!

『よだかの星』
宮沢賢治が書いた珠玉の短編小説。
小さな椅子を舞台に宇宙が広がります。
これまで何度も再演を繰り返してきた半畳の宇宙の代表作です!!

半畳の宇宙 ひとり芝居2本立て公演
構成・演出:斉木和洋

『駈込み訴え』原作:太宰治
出演:喜多京香

『よだかの星』原作:宮沢賢治
出演:中川佐織

●日時
2023年12月21日 (木) ~ 22日 (金)
各日 16時~ / 19時~ ※開場は30分前

●会場
Channel for Rent (東京都大田区池上5-6-20)
https://channelforrent.info/

●料金
前売り:2500円 当日:3000円 ペア割:4500円

●主催
半畳の宇宙

●問い合わせ・チケット予約
info@hanjo-uchu.com

『かげろうの日記』12月3日 (日)

「半畳の宇宙」の次回公演は、
世界に4台しかないと言われる音響彫刻
クリスタル・バシェと共演します。
演奏をするのは、なかいしんご さんです。

なかいさんは、クリスタル・バシェを操り、
そこから生まれる振動で、水面を動かし、
その水面に浮かぶ模様を墨で写し取るという
墨流しのアーティストでもあります。

音響墨流しの音と映像と演劇のコラボレーション
をお楽しみに!!

平安時代の女流文学「蜻蛉日記」を原典にした
堀辰雄の小説「かげろうの日記」をもとに、
【愛せない男】と【愛する女】の
平安の恋の姿をえがく。
音響彫刻×墨×演劇で体験する前代未聞の
音・響・劇。

音響墨流しの音と映像が演劇と交差する恋の物語。

構成・演出:斉木和洋
原作:堀辰雄
出演:中川佐織
音響墨流し:なかいしんご
会場:本妙院 本堂 (東京都大田区)
企画・主催:なかいしんご

●日時
2023年12月3日(日)
14時30分〜/18時~
※受付・開場は開演の30分前
※16時から、アーティストトークを実施します。

●会場
朗栄山 本妙院 本堂
東京都大田区池上1-33-5
(池上駅から徒歩10分)

●料金
前売3000円 当日3500円 ペア割5500円

●チケット予約(サイト)
kagerou-no.peatix.com

●チケット予約(メール)
info@hanjo-uchu.com
お名前/日時/人数/電話番号をご連絡ください。
メールでご予約をされて、
3日以内に返信がない場合はお問合せください。
チケットは発行いたしません。
料金は当日受付でお支払いください。

●主催者ウェブサイト
inkstone-painting.com

●お問い合わせ
heiansubculture@gmail.com

半畳の宇宙は、豊岡演劇祭2023フリンジ ストリート『江原エリア・出石エリア』に参加します。

豊岡演劇祭2023フリンジ ストリート『出石エリア』 巨大紙芝居『不思議の国のアリス』
豊岡演劇祭2023フリンジ ストリート『江原エリア』 音楽劇『不思議の国のアリス』

昼は出石そばが有名な観光地・出石エリアにて『不思議の国のアリス』の紙芝居を、夜は江原駅前のナイトマーケットにて、『不思議の国のアリス』のお芝居を上演します。

そして、豊岡演劇祭のプレイベントとして、8/6(日)と8/13(日)に、池上仲通り商店街にあるKotobuki Pour Overにて、紙芝居と色ぬり『不思議の国のアリス』を実施します。
参加者のみなさんと一緒に、大きな紙芝居に色を塗って、そして、出来上がった作品を使って紙芝居を上演します。

■紙芝居と色ぬり『不思議の国のアリス』

よいこの皆様へ
池上にアリスの巨大な紙芝居がやってきます。まっしろな紙芝居にみんなで色を塗ってくれませんか。色が付いたワンダーランドの住人が動きだすかもしれません。

・色塗り日時
8/6(日)11:00~17:00
8/13(日)11:00~17:00

・紙芝居上演時間
12:00~、14:00~、16:00~

・料金無料(ドリンク代別料金)
紙芝居のみ投げ銭あり

・場所
Kotobuki Pour Over (大田区池上3-29-16 寿屋)

■豊岡演劇祭2023フリンジ ストリート『江原エリア・出石エリア』
9/16(土)
11:30~12:00 出石家老屋敷  巨大紙芝居『不思議の国のアリス』
13:00~13:30 出⽯登城⾨前広場 巨大紙芝居『不思議の国のアリス』
19:00~19:30 江原ナイトマーケット 音楽劇『不思議の国のアリス』

9/17(日)
12:00~12:30 出⽯登城⾨前広場 巨大紙芝居『不思議の国のアリス』
13:30~14:00 出⽯振興局前広場 巨大紙芝居『不思議の国のアリス』
18:00~18:30 江原ナイトマーケット 音楽劇『不思議の国のアリス』

■豊岡演劇祭2023フリンジ ストリート
https://toyooka-theaterfestival.jp/program-search/?_sft_program_type=fringe-street

背景の絵は茂木たまなさんの作品です。

半畳の宇宙は、豊岡演劇祭2023公式プログラム『よるよむきのさき』に参加します。

豊岡演劇祭2023公式プログラム フェスティバルプロデュース
お食事×文学×リーディング『よるよむきのさき』

半畳の宇宙
宮沢賢治『よだかの星』
構成・演出:齊木和洋
出演:中川佐織

『よるよむきのさき』とは、城崎温泉や豊岡市内にある飲食店や旅館にて、美味しいお食事をお楽しみいただいた後に、古典や文学作品のリーディングをご覧いただけるプログラムです。
私たち半畳の宇宙は、国登録有形文化財の木造建築のたたずまいが美しい三木屋さんという旅館にて、宮沢賢治の『よだかの星』を上演します。
こちらの旅館は、志賀直哉が投宿し、名作短編『城の崎にて』を執筆したことで知られています。

昨日(8/1)、一般販売を開始し、幸いなことにお席は完売しておりますが、まだ、宿泊付きのチケットがあるのと、三木屋さんでも買えるようですので、よろしければそちらをご検討ください。

■『よるよむきのさき』
https://yoruyomu.tumblr.com/

■豊岡演劇祭2023プログラム
https://toyooka-theaterfestival.jp/program/

■三木屋
https://kinosaki-mikiya.jp/

■城崎温泉 「三木屋」に泊まる、9/15(金)~ 1泊2食タクシー/レンタカー周遊プラン
https://toyooka-tourism.com/retreat/cultural/engekisai2023_mikiya/

【公演中止のご案内】

半畳の宇宙 公演

昼の紙芝居と夜のお芝居『不思議の国のアリス』

12/25(日)~12/26(月)に開催することを予定しておりましたが、
公演関係者に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたため、
今回の催しは中止いたします。
ご参加を楽しみにお待ち頂いておりましたみなさまに、
深くお詫び申し上げます。

日々感染対策を徹底し、上演に向けて準備をしておりましたが、
今回、実施することがかなわず、私共もたいへん残念に思っております。
また、時期を改めて実施する所存でございます。
少々、先のことになるとは思いますが、上演することが決まったあかつきには
改めてご案内をいたします。

東京にも寒波が訪れ、気温の低い日が続いておりますので、お体にご留意ください。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

半畳の宇宙 代表・齊木和洋

—————————————————————–

半畳の宇宙 公演

昼の紙芝居と夜のお芝居『不思議の国のアリス』

原作:ルイス・キャロル
翻訳・脚本・演出:齊木和洋
出演:中川佐織、渡辺可奈子

夜の図書館に遊びに来ませんか。
そこには、ワンダーランドが広がっています。
昼の回は巨大な紙芝居、夜の回はお芝居にてお届けします。
大人も子供も楽しめる夢の国へようこそ。

昼の回は、
大きな塗り絵を床に広げてお待ちしています。
私たちと一緒に色を塗って、カラフルなアリスを完成させましょう。
そして、お客様のみなさんと力を合わせて完成させた大きな絵を床に立て、
巨大な紙芝居を行います。
14時から16時30分の間に2回ほど上演します。

夜の回は、
お芝居バージョンをお届けします。
利用者のいないひっそりした館内に、
たいへん賑やかな不思議の国が広がります。
夜の図書館にぜひ遊びに来て下さい。

満員の際には、ご入場をお断りする場合がございますので、
事前にご予約をお願いします。
この機会にぜひ、半畳の宇宙の世界をご体験ください。
大人も子供も楽しめる夢の国へようこそ。
ご来場をお待ちしています。

●『不思議の国のアリス』
出演:中川佐織、渡辺可奈子

●日時
12月25日(日)14時~16時30分【紙芝居】
12月25日(日)19時~ 【お芝居】
12月26日(月)14時~16時30分【紙芝居】
12月26日(月)19時~ 【お芝居】

●会場
蒲田図書館 多目的室
大田区東蒲田1丁目19-22
https://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/toshokan/kamata.html
協力:きねまくんプロジェクト

●料金
無料(要事前予約)

●ご予約・お問い合わせ
info@hanjo-uchu.com

◆Twitter
https://twitter.com/HanjoUchu

【次回公演】ひとり芝居『星の王子さま/駈込み訴え/変身/走れメロス』

演劇解放区へようこそ!!
ちょっとした退屈や悩みやいらいらは
すべて演劇がぶっ飛ばす!!
古今東西の名作を
ひとり芝居にてお届けします。
1ステージで3本ご覧いただけます。

私たち、半畳の宇宙は、
歌うように語り、踊るように動くことを
大切にして、演劇がこの世に誕生したときに
持っていた巨大な力を現代に注いで、
みなさんを笑顔にしたい!!
そう思って活動しています。
小学生から高校生まで、
桟敷席に限り料金無料です。 (要予約)
この機会にぜひ、生身の人間が放つ全力の
エネルギーを浴びに来てください。
子供から大人まで、楽しめます。

ちょっとした退屈や悩みやいらいらは
すべて演劇がぶっ飛ばす!!

また、平安時代から伝わる墨流しを現代に伝える
現代料紙作家の中井慎吾さんに舞台芸術を依頼しました。
こちらもお楽しみに!!


●星の王子さま
原作:サン=テグジュペリ
出演:中川佐織

●駈込み訴え
原作:太宰治
出演:喜多京香

●変身
原作:フランツ・カフカ
出演:高島領也

●走れメロス
原作:太宰治
出演:渡辺可奈子

◆日時
11月24日(木)17時~ 変身 / 駈込み訴え / 走れメロス ※配信有
11月25日(金)19時~ 駈込み訴え / 変身 / 星の王子さま ※配信有
11月26日(土)14時~ 走れメロス / 変身 / 星の王子さま
11月26日(土)18時~ 駈込み訴え / 変身 / 星の王子さま
11月27日(日)13時~ 走れメロス / 駈込み訴え / 変身
11月27日(日)17時~ 駈込み訴え / 走れメロス / 星の王子さま

◆会場
ギャラリー南製作所
https://2222gmf.blogspot.com/

◆料金
大人 3000円
大学生 2000円
小学生~高校生 無料【桟敷席 (要予約)】
配信 2000円
※満席の場合、ご入場をお断りする場合がございますので、
事前にご予約をお願いします。
※小学生から高校生まで、桟敷席に限り無料です。 (要予約)
※開場は開演の30分前です。
※感染症対策に十分に配慮し、公演を実施します。

◆チケット予約・お問い合わせ
info@hanjo-uchu.com

◆配信
11/24(木)17時~
11/25(金)19時~
※配信チケットは下記URLからご購入ください。
※配信には7日間のアーカイブ視聴期間が付きます。
※11/24の回は12/1までご視聴いただけます。
※11/25の回は12/2までご視聴いただけます。

◆配信購入ページ
https://hanjo-uchu.zaiko.io/item/351007

◆舞台芸術:中井慎吾さんのプロフィール
https://inkstone-painting.com/profile/

◆Twitter
https://twitter.com/HanjoUchu

◆助成
文化庁「ARTS for the future! 2」補助対象事業

【次回予定】豊岡演劇祭2022フリンジプログラム 上演会場と上演日時が決まりました!!

「半畳の宇宙」は、9/16(金)~9/19(祝・月)の期間、豊岡演劇祭2022フリンジプログラムに参加します。
そして、上演会場と上演時間が決まりました。

3ヶ所の会場はすべて野外。
路上ライブをするロックバンドや、大道芸の人たちのように、野外でお芝居を上演したいなと思っていたのが、思わぬ形で実現しました。
「半畳の宇宙」路上ライブ公演です。
投げ銭ですので、ご予約なしでご覧になれますが、
下記チケットサイトからご予約いただくことも可能です。
また、何かございましたら、info@hanjo-uchu.comまで
お問い合わせください。

◆チケットサイト
https://ticket.horai.sv/programList

初日(9/16)の会場は、城崎温泉の観光スポット「木屋町小路」。
飲食店やお土産店などが集合して入店している商業施設です。
夕暮れの温泉街を行き交う人たちに、お芝居をお送りします。

木屋町小路

2日目(9/17)と3日目(9/18)は、江原駅からほど近い「デモクラティックスクールTOIRO 前」にて上演します。
青年団の拠点「江原河畔劇場」まで徒歩3分ぐらいの場所です。
私たちが公演をする同時期に、駅前の広場でナイトマーケットが開かれまして、
そちらでは大道芸が見られます。
路上ライブを江原駅のメインストリートから賑やかにお送りします。

デモクラティックスクールTOIRO 前
デモクラティックスクールTOIRO 前

最終日(9/19)は、「小田井縣神社(おだいあがたじんじゃ)」にて上演します。
こちらは、かばんの神様を祀っている神社だそうです。
暮れなずむ夕日を背景に、神社の境内から厳かにお送りします。

小田井縣神社
小田井縣神社

公演の様子は、facebookで配信しようと思っています。
配信ページなどを作りましたら、またお知らせします。

【上演時間】
●9/16(金)木屋町小路(城崎)
18時~『走れメロス』(出演:渡辺可奈子)
19時~『よだかの星』(出演:中川佐織)

●9/17(土)デモクラティックスクールTOIRO 前(江原)
17時~『よだかの星』(出演:中川佐織)
19時~『走れメロス』(出演:渡辺可奈子)
21時~『よだかの星』(出演:中川佐織)

●9/18(日)デモクラティックスクールTOIRO 前(江原)
17時~『走れメロス』(出演:渡辺可奈子)
19時~『よだかの星』(出演:中川佐織)

●9/19(祝・月)小田井縣神社(豊岡)
16時~『走れメロス』(出演:渡辺可奈子)
20時~『よだかの星』(出演:中川佐織)

◆豊岡演劇祭2022
https://toyooka-theaterfestival.jp/program-event/

【次回予定】2022年9月16日~9月19日 豊岡演劇祭2022のフリンジプログラムに参加します!!

兵庫県豊岡市で開催される豊岡演劇祭2022のフリンジプログラムに参加します。
豊岡、江原、城崎の3ヶ所の会場で、『よだかの星』(原作:宮沢賢治、出演:中川佐織)と『走れメロス』(原作:太宰治、出演:渡辺可奈子)の一人芝居を上演します。
期間は9/16(金)~9/19(月・祝)です。

『よだかの星』は、落語家が扇子を色々な道具に見立て、様々な役柄を演じ分けることをヒントに創作した作品です。千葉県勝田台にあるバーで初演した後、カフェや銭湯の浴場など様々な場所で上演してきました。俳優は、扇子を使って鳥の羽ばたき表現したり、鳥たちから星々にいたるまで、様々な役を演じ分けます。

『走れメロス』は、羊飼いであるメロスが、羊を集めるための笛を持っていたかもしれないと想像して創作した作品です。初演の会場は元機械工場を再生利用したギャラリー南製作所でした。俳優が舞台上で、実際に笛を吹きながらメロスを演じます。

どちらのお芝居も生演奏にてお送りします。クラリネット、ピアニカ、パーカッションなどで本編を賑やかに彩ります。
大人から子供まで、世代を超えて楽しめる2作品です。

会場や時間などが決まりましたら、またご案内します。
野外で上演する予定でして、どんなロケーションなのか今からわくわくしています!!

◆豊岡演劇祭2022
https://toyooka-theaterfestival.jp/program-event/

『よだかの星』原作:宮沢賢治 出演:中川佐織 会場:久松温泉
『走れメロス』原作:太宰治 出演:渡辺可奈子 会場:ギャラリー南製作所

新作ひとり芝居『不思議の国のアリス』公開稽古無事終了しました。

こんにちは、「半畳の宇宙」代表の齊木和洋です。今回の作品の演出をやっています。 

2022年5月2日(月)から5月9日(月)までのゴールデンウイーク期間に、大田区池上にある「Kotobuki Pour Over」にて、ひとり芝居『不思議の国のアリス』の公開稽古を実施する試みをやりまして、無事終了しました。
ありがとうございました‼

上演は12月を予定しています。詳細が決まりましたら、またご案内します。
『不思議の国のアリス』のPVを作りましたので、ぜひご覧ください。

『不思議の国のアリス』PV(YouTube)※こちらをクリックすると再生します。

「Kotobuki Pour Over」にて公開稽古中

さて、今回の試みを簡単に振り返ると、商店街に面したガラス張りのこちらのお店で『不思議の国のアリス』の公開稽古を行いました。
立ち寄ってくださるお客様からご感想やご意見を頂戴しながらシーンを作り、その日の午後に、その日出来上がったシーンを発表する。
そして、翌日も同じようにシーンを創作し、だんだんと作品が完成に近づいていく。
最終日には、2シーン程はしょりましたが、冒頭からラストシーンまでお客様に観ていただくことができました。
会場で実際にお客様から頂くアイデアがかなり面白くて、その場で取り入れてシーンを作ることができました。
「半畳の宇宙」の公演をいつもご覧くださっているみなさまはもちろん、有益なアイデアをくださる通りすがりの玄人はだしの方々、そして、演技指導をしてくださる身体の専門家が現れ、さらには、スピリチュアルな小石や小枝をくださる方まで登場しました。あのときいただいたトランクスは私が大切に履いています。
時間帯によっては近所の子供たちの遊び場と化し、お陰様で、子供たちを舞台に登場させるアイデアを即興で試すことが出来ました。
元気な子も、恥ずかしがりやの子も、全員、個性的で素晴らしい。一緒に演じられて、演じるところを見せてくれて、とても嬉しかった。感謝しています。

アリス役の中川さんと芋虫役のお子さん
休憩中に始まる「だるまさんがころんだ」

会場をお貸しくださった「Kotobuki Pour Over」の中井さんご夫妻、連日稽古に遊びに来てくれた中井さんの娘さんのお二方、稽古場を賑やかにしてくれた近所の子供たち、会場に足をお運びいただいたお客様のみなさま、差し入れをくださったみなさま、足を止めて会場をのぞいてくださったり、チラシを受け取ってくださったみなさま、チラシを置いてくださった近隣のお店のみなさま、配信をご覧くださったみなさま、その他、通りすがりに気にしてくれたみなさま、ありがとうございました。
たくさんの人たちのお力添えとご興味をいただき、感謝感激雨あられです。
みなさまに雪崩が起きるように良いことが訪れることを願っています。
アリスを演じた中川さん、スタッフとしてのサポートのみならず、一部出演をしてくれた渡辺さん、お疲れ様でした。お二人にも感謝しています。
そして、今回の試みを経て、「狂ったお茶会」と「裁判」のシーンを創作中です。
「トランプの女王」や「きちがい帽子屋」も12月公演には登場しますので、お楽しみに。

最後に、今回の会場「KOTOBUKI Pour Over」を紹介します。
場所は、池上駅から徒歩5分強ぐらいのところにあります。
もともと「寿屋」という文房具屋だった場所を改装した、ガラス張りで天井の高い、建物の造作をそのまま生かしたとても素敵な空間です。
オーナーの中井さんが、「墨流し」という平安時代から伝わる伝統工芸のアーティストでもあり、こちらのお店は、中井さんの工房兼カフェ兼オルタナティブスペースとなっています。
普段は絵画の展示をよく開催していまして、コーヒーを飲みながら、芸術鑑賞ができるお店です。
ハンドドリップで丁寧に淹れた美味しいコーヒーを飲みに、またはアートに触れるために、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
こちらの会場を借りて何か面白いことをやってみたいと思われた方は、メールやSNSのダイレクトメッセージにてご連絡ください。

◆KOTOBUKI Pour Over
kotobukipourover@gmail.com
https://www.instagram.com/kotobuki_pourover/

◆中井慎吾さんのHP
https://inkstone-painting.com/

アリスを演じる中川さん
アリスを演じる中川さんと見つめる子供たち
渡辺さんと中川さん
「Kotobuki Pour Over」オーナーの中井さんとお子さん
「Kotobuki Pour Over」オーナーの中井さんご夫婦
アリスを演じる中川さん
アリスを演じる中川さんと渡辺さん
演出の齊木です。
『不思議の国のアリス』PV(YouTube)※こちらをクリックすると再生します。
PAGE TOP